今の痛み・つらさは未病予防の扉かもしれません

多発性硬化症が治る

2月に突然物が見えにくくなり、1日毎に視力は低下し、2週間ほどで両目共に失明状態に陥りました。眼科で見てもらったところ、「視神経が腫れているので、至急大学病院で検査を受けるように。」と紹介状をもらい、横浜市大病院に入院しました。
脳腫瘍の疑いもあるということで、危険な検査のひとつである、血管撮影も受けましたが、幸い、脳には異常がなく、「球後視神経炎」と診断されました。

この間の一日一日は不安と恐怖で地獄のような日々でした。しかし、副腎皮質ホルモンが効いたのか、眼のほうは少しづつ回復してきました。この薬は、副作用が非常に強く、胸が苦しくなり、何度か、死ぬのではないかと思ったことがあります。

あまり苦しいので、素人判断で薬を減少したところ右目は回復せず、失明してしまいました。2年後の3月、1週間ほど熱が下がらず良かった左のほうも見えなくなり、失明状態になりました。国立東病院に入院しましたが、入院当初は何も見えず、食事も手探りでするような状態でした。

ジレンマの日々が続きました。左目は少しづつ回復してきましたが、あまり良く見える状態では、ありませんでした。こんな状態が半年続き、今度は、腿の付け根が重く、足の運びが鈍くなりました。「おかしいなぁ。疲れているのかな。」と思いましたが、足の動きは次第に鈍くなり、短期間の間に歩けなくなり、車椅子の生活となりました。眼は良く見えない、下半身は麻痺している。

「どうして私だけがこんな不幸な目にあわなければならないのか」とずいぶん落ち込みました。
 主治医の先生から、「これは眼だけの病気ではないかもしれない。大学病院で検査を受けなさい。」と言われ、東大病院の神経内科に転院しました。
いろいろな検査の結果、初めて「多発性硬化症」という難病と診断されました。

多発性硬化症とは中枢神経やその他の神経が侵され、神経の動きが鈍くなってしまい、身体が麻痺したり、失明したりする厄介な病気です。恐ろしい病気に取り付かれたと思いながら、食事やトイレはもちろんのこと寝返りも自分でできない半植物人間的な入院生活を送りました。

 副腎皮質ホルモン剤を多量に投与され、眼も足も少しずつ回復して来ましたが、一人で歩けるような状態ではありませんでした。しかしどうしても治らなくてはとリハビリや歩行訓練を一生懸命がんばりました。2ヵ月後退院し、リハビリのため横浜の港湾病院に1ヶ月入院しました。

退院後、不自由な身体でしたが、どうにか身の回りのことができるくらいに回復してきました。しかし、暑いときや寒いときにこの病気の症状が現れ暑い日には思うように歩けなくなり、逆に寒い日には身体が締め付けられる不自由な日々を送りました。また、むくみや便秘、吹き出物等副作用に悩まされる日々でした。
2月原因不明の腰痛に襲われ、整形外科やマッサージへ行ってもよくならず痛みは増すばかりでした。

医者は骨には異常がないからと鎮痛剤をくれるだけでした。このような状態のとき、娘を通して、奥野治療院を知り、治療していただきました。今まで経験したことのない治療でした。一週間毎日通院するように言われました。内心本当に治るのかしらと疑問と不安でいっぱいでした。

1日目痛みは和らいできましたが2日目3日目と通院するうちに痛みは激しくなり、3日目には寝返りも打てないほどの激痛に襲われました。先生から治る前に痛みやだるさの反応が出ることがあると聞いていましたが、この痛みが反応だとは知らずにもう通院するのはやめようと思いました。

その後痛めは不思議と和らいできました。4日目も5日目も同様に治療してただ来ました。5日目には痛みはほとんど取れ、普通に動けるようになりました。
先生の治療によって動いてなかった副腎が動き出して、痛みの反応が取れたのこと。薬で症状を抑える西洋医学と異なり、病気の根本を治す、すばらしい治療法と改めて感心しました。

10年間飲んでいた副腎皮質ホルモン剤は3月より服用を中止しました。それから10ヶ月間治療に通いました。多少の反応は出ましたが、知らず知らずの間に健康になり、多発性硬化症の症状も和らぎました。実は東大の先生には薬をやめたことを内緒にしていたのですが、東大の先生からも「もう薬は飲まなくていいでしょう」と言われ、驚きました。

 その後心配だった眼も不思議と視力は上がり0.6から0.9になりました。今は週一回治療していただいていますがとても健康になり、ダンス教室に週2回行き旅行は月1回と人生を楽しんでいます。

先生の治療は薬を使わず、人間が本来持っている自然治癒力で病気の根本から治すすばらしい治療法だと思います。難病の私がこのように元気でいられるのも先生のおかげだと表います。これからも心身ともに健康でありたいと思います。
先生本当にありがとうございました。これからもがんばってください。


※23年後の現在、80歳を超えましたが電車、バスを乗り継ぎ1時間30分以上の時間をかけ健康管理のため一人で来院なさっております。

多発性硬化症の治療

治療院トップ > 治療体験談 > 多発性硬化症


奥野治療院 横浜本院

〒245-0062
神奈川県横浜市
戸塚区汲沢町426-6

診療時間 平日  9:00 ~ 12:00
土   9:00 ~ 12:00
    14:00~16:00
日   9:00 ~ 12:00

定休日 水木(秩父分
院で仕事のため)、月

TEL(完全予約制) 横浜電話番号045-871-2931

P駐車場あり


奥野治療院 秩父分院

〒369-1803
埼玉県秩父市荒川
日野726-1

治療時間 水   15:30~21:30
木  8:00~14:30

TEL 0494-54-2379
(治療時間のみの対応
となります)

RSS2.0 RSS 2.0