今の痛み・つらさは未病予防の扉かもしれません

シェーグレン症候群が良くなる

2年ほど前に眼を患い、それも最初は左目が赤くなり、眼科に行ったところ結膜炎と言われ、通院しておりました。それから、二ヶ月半くらいになっても良くならず、両方の目が真っ赤になり、風が眼にしみるようになり、これではダメと思い、医者を変えました。

そうしているうちにどんどん眼が見えなくなり、病名はシェーグレン症候群と言われました。このまま眼くらになるのではないかと悲観しました。一年半くらいから少しずつ見えるようになったものの、心配でたまりませんでした。

それからしばらくして、甥から奥野先生を紹介されました。だんだんと身体の調子も良くなり、眼のほうもすっかり良くなり、今では日常の家事ができるようになりました。今では2週間に一度通って健康管理をしております。とてもうれしく感謝しております。ありがとうございました。

シェーグレン症候群の治療

治療院トップ > 治療体験談 > シェーグレン症候群