今の痛み・つらさは未病予防の扉かもしれません

30年来の気管支喘息から救われる

 私は1963年、気管支喘息の病気になりました。
咳は出ないけど、哮喘と喘息苦しい恐ろしい病気です。
どうしようもなかった。
そんな時、まだ中国にいました。あちらは、寒いから余計に苦しいでした。
何にも出来なくなったのです。

 1981年、日本に中国残留孤児として帰国しました。
それから秩父生協病院で治療して,お世話になりました。
でも、益々悪くなって一日3回薬を欽んでも良くない。
 “すごぐ苦しくて仕事も出来なくなった。
仕事帰りに病院に行って注射をしたり、吸引したり、日曜日点滴もしたり、喘息を止めるエアゾル剤使用したり、そんな時すぐ楽になるけど3時になるとまた苦しい。仕事も出来なくなった。

 それから栃木県岩舟松永医院。
そこは気管支喘息の専門と聞いたので、もう5~6年お世話になりました。
大分良くなりました。薬だけで済むようになりました。
でも、薬を飲み過ぎて、胃が悪くなりました。
頭も痛いし、腰も痛いし、どこの病院に行っても更年期と言われて薬も出してくれませんでした。身体もだるい・ ・ ・仕事もやめました。

 姉の紹介で奥野治療院の治療に行きました。
平成3年4月から奥野先生にお世話になったので一回で頭痛と、めまいと、鼻水出るのも止まったし痛みもすっかり治りました。
今は腰と足の痛みの治りました。
胃の痛みも肩凝りも治りました。 

 今は気管支喘息だけまだですけど、もう、30年位になったので治るのも難しいです。
でも、大分良くなりました。
今一日一回薬を飲んでいます。
先生のお陰で本当に良くなって気分が変わったみたい。
先生のおっしゃった通りきっと治ります。
ところで、これからもどうぞ、お願いします。

 この30年位恐ろしい思いして来た。
もう、死にそうだった。
今、考えると夢みたい。
信じられないです。
だから感謝の気持ちが一杯です。
これからもどうぞよろしく治療してください。
お願い致します。

気管支喘息の治療  T.S 女性

3歳からの気管支喘息が治る

私は3歳の頃からずっと気管支喘息を患っていました。病院の先生は小学校に入ったら治るよ、小学生になったら、中学に入ったら治るよといつも言われていましたが、結局高校に入ってもたびたび発作に悩まされていました。
大学に入って一人暮らしを始め、生活のリズムが狂うと気管支喘息は以前よりもずっと深刻になってゆきました。

病院に行っても結局は一時的に発作が止まるだけで、日に日に薬の使用量が増えてゆきました。一度だけ、気管支喘息で本当に死んでしまうのではないかと思ったことがありました。
一日一回と決められた吸引器を2回、3回と増やしていくうちに次第に効果が薄れて、ついに夜中のひどい発作にまったく薬が効かなくなってしまったのです。

そのときは今死のうと思ったら死ねるのではないかという気がしました。結局朝まで苦しみに耐えて病院で点滴を打って、やっと普段の重い発作程度に症状が軽くなったという状態でした。

奥野治療院のうわさを聞いたのは4月の頃でした。カイロプラクティックには以前から関心がありましたし、西洋医学の限界もよく分かっていましたので気管支喘息の治療のために何の抵抗もなく行くことにしました。
私の体は自分で考えていた以上にひどい状態になっており、先生は私に最低12回はきなさいと言われました。

最初の3回ぐらいはとてもつらい日々でした。気管支の深いところで起きる発作と血管注射の副作用と同じ吐き気や動悸が何度も襲ってきました。
しかし何度も通ううちに今まで正しく機能してなかった呼吸器がだんだんと正常に近づいていく実感が持てるようになり、身体のだるさや疲れもだんだんと減ってきました。

おかげさまで今の私は完治した状態で、相当無理をして働いてもまったく気管支喘息の発作が起きなくなりました。外泊するとき薬を持ってゆく心配がいらなくなったのは何よりうれしいことです。喘息と戦ってみて改めてよく分かったことは、気管支喘息は心の状態も関係することです。
毎日ねる前に先生に教えられた方法を実行すると、次第に心のコントロールの方法が分かってきて、以前よりもずっと肩の力を抜いて生活できるようになりました。

そして病気を治すことは何よりも自分を高めることにほかなりません。それは本当に孤独な自分との戦いですが、私は小さい頃からずっと悩み続けてきた気管支喘息を治せたという自信によって、とても吹っ切れたさわやかな気分になれました。

奥野先生本当にありがとうございました。これからもご指導よろしくお願いします。

気管支喘息の治療 大学生

治療院トップ > 治療体験談 > 気管支喘息