今の痛み・つらさは未病予防の扉かもしれません

1才7ヶ月になっても歩けなかった息子が歩けるようになりました

初孫の誕生に主人も私も大喜びでした。日々の成長を楽しみにしながら孫とはこんなにも可愛いものかと実感する日々でした。あっという間に1年が過ぎ、大きな病気もせず無事に1才を迎えることができた喜びと感謝の気持ちを込め、家族全員で孫の1才の誕生祝をしました。

そのときはまだ歩く気配はなかったのですが、人間時期が来れば歩くものだと楽観的に思い込んでいました。
ところが1才1ヶ月が過ぎても、1才2ヶ月が過ぎても1才3ヶ月が過ぎても立とうともしない歩こうともしない。立たせようとしても床に足が触れると、引っ込めてしまう孫を見たときに、もしかしたら一生歩けないという障害を持って生きていかなければならないのかと思うと心配のあまり涙が止まりませんでした。

私たち以上に息子夫婦は心配をし保健所での指導によりCTスキャンやレントゲンを撮ったりしたのですがまったく異常はないということでホッとはしたものの、まだ立とうともしない、歩こうともしない立たせようとしても両足を引っ込めてしまう孫を見たときに私の命に代えても歩けるようにしてあげなければと思いました。

CTスキャンやレントゲンを撮っても異常がないのならば奥野先生しかいないと思い友人のMさんに電話で事情を説明し奥野先生のところに連れて行ってほしいとお願いしたところ、風邪で熱をだし寝込んでいたのにもかかわらず寒い中、連れて行っていただきました。

奥野先生に治療をしていただく時に「私の命に代えてもこの孫を歩けるようにしてあげたいので、よろしくお願いします。」とわらにもすがるような思いでお願いしました。

そして毎週金曜日の通院が始まりました。1回目、2回目の治療を受けてもあまり変化はありませんでしたが、3回目の治療後待合室に戻った直後に今までバタフライのようなハイハイをしていたのが両手を左右交互に出しながら前進していく孫を初めて見たときには驚きとうれしさで孫の母親と一緒に手を取り合って喜びました。

そのときに奥野先生は「手ごたえを感じてきたよ。」と一言おっしゃって下さいました。
その一言に励まされ、歩けるようになることを信じて特別な用事がない限り毎週通院させていただきました。その間不思議な事に治療後待合室に戻ると、今まで一人で立つこともできなかった孫が初めて数秒間立てるようになったりと今までできなかったことが治療後にはできるようになったりとの積み重ねによって1才8ヶ月にしてやっと、やっと歩けるようになりました。

まだ歩き方はおぼつかない時はあるものの歩けることがうれしいのか「クック」「クック」と靴をはいて外に出たがる様にまでなりました。息子夫婦共々ただただ奥野先生には感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

これらのことを通し当たり前に思っていたことが、また当たり前にできることがどれほど尊く、感謝すべき事なのか、そして人間は、生かされている存在であること等等、人間として大切なことを改めて気づかせていただきました。
ありがとうございました。

歩けない症状の治療

 

治療院トップ > 治療体験談 > 歩けない


奥野治療院 横浜本院

〒245-0062
神奈川県横浜市
戸塚区汲沢町426-6

診療時間 平日  9:00 ~ 12:00
土   9:00 ~ 12:00
    14:00~16:00
日   9:00 ~ 12:00

定休日 水木(秩父分
院で仕事のため)、月

TEL(完全予約制) 横浜電話番号045-871-2931

P駐車場あり


奥野治療院 秩父分院

〒369-1803
埼玉県秩父市荒川
日野726-1

治療時間 水   15:30~21:30
木  8:00~14:30

TEL 0494-54-2379
(治療時間のみの対応
となります)

RSS2.0 RSS 2.0